犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:ウイルス >  犬のウィルス性の病気:パルボウイルス性腸炎

スポンサードリンク

犬のウィルス性の病気:パルボウイルス性腸炎

犬のウィルス性の病気に、パルボウィルス感染によるパルボウイルス性腸炎があります。
現在は少なくなった犬のパルボウィルス感染症ですが、過去に流行したときには、
ウィルスの伝染によりパルボウイルス性腸炎にかかった犬が
次々と死亡したこともある犬の病気です。
パルボウィルスは熱やクレゾールなどの強力な消毒薬でも死滅しないため、
一度流行すると多くの犬に危険が及ぶ危険なウィルス感染性の犬の病気です。
犬がパルボウイルス性腸炎になった場合、元気がなくなり衰弱していき、
嘔吐や下痢の症状が現れて、えさも食べなくなってしまいます。
熱はある場合とない場合がありますが、病院での治療が必要です。
治療と共に、パルボウィルスの伝染を防ぐために隔離しなければなりません。
治療は、ウィルスを殺す方法がないため、
抗生物質や血清などを注射しながら体力を温存させ、
免疫ができていくのを見守ることになります。
治療を受けながら免疫ができれば5日くらいで回復します。
パルボウィルスへの予防方法としては、
母犬の免疫が消える生後3ヶ月以内の子犬の時期に、
動物病院でのワクチン接種を受けさせることになっています。
だいたい2ヶ月半の頃にワクチン接種をするのですが、
その際にはジステンバーなどの混合ワクチンを接種するのが一般的となっています。
飼い主は、子犬の頃からきちんと犬の病気を予防をしてあげたいものですね。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:ウイルス >  犬のウィルス性の病気:パルボウイルス性腸炎