犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:乳房 >  犬の乳房の病気:乳腺炎

スポンサードリンク

犬の乳房の病気:乳腺炎

安産のお守りとして大切にされるは、多産で、一度の出産で何匹もの子犬を産みます。
そんな犬にも、人間と同じように、乳房の病気があります。
赤ん坊に母乳を飲ませている人間の女性にある病気と同じ、乳腺炎という乳房の病気が犬にもあります。
出産後の授乳期に発症し、乳腺が炎症を起こす乳腺炎の症状は、乳腺のしこりや発熱、ひどくなると食欲不振もみられる犬の乳房の病気です。
炎症がすすむと、乳首から黄色い液体が出てくることもあり、犬にとっても痛みを伴う辛い病気です。
乳腺炎の原因としては、細菌感染や、過剰な母乳生成があるといわれています。
動物病院で血液検査などを受け、細菌感染が原因の場合は抗生物質による治療をうけることになります。
予防策としては、犬が出産した時に、思ったよりも子犬が少なかったり、思った以上に母乳が出る場合などは、飼い主が乳房を定期的に観察し、しこりがないか調べることです。
もし、しこりがあるようなら、軽い場合はマッサージをしてほぐしてやることが大切です。その際に、乳房が熱くなっていたり、犬が痛がるようでしたら、乳腺炎の疑いがありますので、早めの受診をおすすめします。
犬の病気はまず飼い主が気をつけて、早期発見してあげましょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:乳房 >  犬の乳房の病気:乳腺炎