犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胃腸 >  犬の胃の病気:胃捻転

スポンサードリンク

犬の胃の病気:胃捻転

犬の胃の病気胃捻転があります。
胃捻転は、胃全体が突然ねじれ、胃の入り口と出口がふさがれて、
胃の中にガスと胃液が充満し、異常に胃が膨張する病気です。
胃捻転が起きると、食後4時間以内に腹部が膨張し、犬はよだれを垂らし、
吐き気をもよおして吐こうとしますが、吐物が出ないという症状が見られます。
そのまま放置してしまうと、呼吸困難やチアノーゼが起き、数時間で死亡する危険な犬の病気です。
胃拡張などの症状がある犬に多いといわれ、
セントバーナードやボクサーなどの大型犬の発症率が高いといわれています。
胃捻転になる原因は、食後の急激な運動、多量の餌や水を急激に食べたことなどが考えられます。
胃捻転の治療方法は、とにかく早期に獣医師にかかり、レントゲン撮影で胃の状態を調べ、
開腹手術を行います。
胃捻転は再発することが多く、一度胃捻転を起した犬は、
その後も気をつけてやらなければなりません。
胃捻転の予防方法としては、普通の成犬は1日1度の餌でよいといわれたりしますが、
餌の回数を最低2回に分けることと、食後に急激な運動をさせないことです。
大型犬を飼っている飼い主は、愛犬が胃捻転の兆候を見せたら、
とにかく早く動物病院に連れて行くことが重要です。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:胃腸 >  犬の胃の病気:胃捻転