犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:体内ホルモン >  犬の病気:糖尿病

スポンサードリンク

犬の病気:糖尿病

犬の病気にも、体内ホルモンの病気があり、
特に糖尿病にかかる犬が多く見られます。
糖尿病は、すい臓から分泌される、
インスリンというホルモンの働きが悪かったり、
異常に血液中のブドウ糖の値が高くなる犬の病気です。
糖尿病の多くの原因は、すい臓病気や、感染や、
運動不などが考えられます。
また、ついつい人間の食事や、エサ以外のおやつを与えてしまい、
体重が増え肥満になり、
その結果、ホルモンのバランスが崩れ、糖尿病になる犬も多いようです。
病気が進行すると、吐気や呼吸が荒くなったりして、白内障、腎炎、
感染病を引き起こし、抵抗力が低下することがあります。
糖尿病の治療は、人間同様に、体内ホルモンを正常にする為に、
インスリン注射をしますが、他にも、
繊維質の多いペットフードを与えるのも良いそうです。
しかし、一番良い治療方法は、愛犬の異常に気付いた時点で、
犬の病気に詳しい獣医さんに、早めに連れて行き、
診断してもらうのが良いでしょう。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:体内ホルモン >  犬の病気:糖尿病