犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:精神面 >  犬の病気:精神分離不安症

スポンサードリンク

犬の病気:精神分離不安症

犬も人間同様に、精神的に不安になったりすることを知っていますか?
犬の病気には、分離不安症という、精神的な病気があり、
家に誰も居なったりした場合に症状が現れたりする病気です。
例えば、物を噛んだり、トイレ以外の場所でおしっこをしたり、
過剰に吠えたりします。
犬の分離不安症の行動は、
しつけが悪くて起こると思われている飼い主が多いですが、
不安から起こる精神的な犬の病気なのです。
最近では、室内犬が多くなっている関係もあり、
常に飼い主と密着している生活が見られます。
分離不安症という犬の病気は、
飼い主は常にそばに居るものだと思っているので、
急に誰も居なくなると不安になってしまいます。
もし、愛犬が分離不安症に似た症状が見られるようであれば、
留守番をさせる時に、
テレビやラジオ等を付けて出かけてみると良いでしょう。
そうすることによって、少しは不安が取り除けるはずです。
また、夜鳴きをする犬にも有効な手段と言えます。

スポンサードリンク

関連エントリー

犬の病気の症状−愛犬の健康を見守りましょう−Top >  犬の病気:精神面 >  犬の病気:精神分離不安症